顧客体験を意識して設計するということ

『お客様の体験のカスタマイズを可能にした消費者ブランドは顧客定着率が45%アップしています

SW_Aberdeen_Consumer_Research

今日の消費者が求めているのは、定型的な製造製品ではありません。

複数のチャネルから既に情報を得、競合他社との比較も完了している。このような高い顧客デマンドを満たして、市場で成功するために コンシューマブランドに必要なことは、社内外を問わず、お客様が “自身の体験を自由にカスタマイズできるようにする環境“の提供です。

超個別化について取り上げたAberdeenのこのレポートでは、トップ消費者ブランドが、顧客満足度とロイヤルティを向上させるため、どのように消費者とのコミュニケーション環境を調整し、提供することに力を注いでいるのか を説明しています。

 

本ホワイトペーパーの成功事例のデータから、次のような価値を学ぶことが出きます。

>> 消費者が自身の購買体験をコントロールできるようにする

>> 一貫性のある優れたユーザー体験を提供することに集中する

>> お客様に対して超個別化を実現できるように、自社のプロセスとテクノロジー ツールを最適化する

一般的に、満足度が高くブランドに愛着を感じている購買者は、より多くの金額をそのブランドに出費します。また、自分のニーズを満たす、あるいは上回るブランドに対しては、定期的に出費する傾向があるのも事実です。

 

本ホワイトペーパーをお読み頂き、お客様嗜好の製品開発がいかにビジネスの向上に直結するか、是非お確かめください。

ホワイトペーパーを ダウンロード

Get Started