ワンランク上のシミュレーションで、後工程での設計変更やコストのかかる物理テストを削減

SIMULIAworks Structural Mechanics Engineerは、共同作業の相互認識意思決定を可能にし、結果、効率の促進と収益向上を生み出すのです。

設計する製品にかかわらず、物理テストには多大なコストと時間がかかります。さらに、設計サイクルの後工程で設計変更が発生すると、スケジュールや予算内での完成も危うくなり、チームメンバーの健康状態にまで不安が生じる場合もあるでしょう。

 

そこで、3DEXPERIENCE® Worksシミュレーション ポートフォリオである、SIMULIAworksのStructural Mechanics Engineer ロールがお役に立ちます。ロールとは「役割」のこと。“Structural Mechanics Engineer”(構造力学エンジニア)はまさに、構造力学の役割を担う、設計解析者様に向けた、ワンランク上のシミュレーションツールです。

 

Structural Mechanics Engineerは、物理的な試作品と後工程での設計変更を減らすことで、情報に基づいた迅速な意思決定と効率を促進し、目標の達成に貢献します。

お客様は以下のようなメリットを体験頂けます。

 

>> 業界トップクラスのジオメトリ準備ツールを使用

>> 有限要素モデルを効率的に構築

>> テスト データから簡単に複雑な材料モデルを調整

>> 幅広い解析手法でリアルな物理現象を把握

>> 初期設計段階や詳細設計段階を問わず、設計の信頼性を向上

>> ニーズに合わせて拡張できるシミュレーション ツールを使用

>> 状況と結果をチーム間で共有し、設計に関する意思決定を加速

 

本ビデオで、世界的に最高水準の解析ツールを使用して、いかに信頼性の高いテスト、リアルタイム情報、設計に関する意思決定を加速することができるか、をご確認頂けます。是非ご覧ください。

ワンランク上のシミュレーションで、後工程での設計変更やコストのかかる物理テストを削減
Get Started