クラウドベース ソリューションで設計コラボレーションがいかにスムーズになるかご確認ください

最新の設計ツールでは、すべての関係者が設計作業に確実に参加できます

最新の製品開発では、コラボレーションがさらに進み、重要な意思決定は技術系と非技術系が同居する部門横断型チームが下すようになっています。こうしたコラボレーションは今や欠かせない要素ですが、設計コラボレーションを妨げるさまざまな課題も存在します。でもご心配なく。こうした課題を解決する新たなクラウドベースのソリューションがあります。

Lifecycle Insightsの新たなレポート『Eliminate Friction in Design(設計プロセスの障害を解消)』では、エンジニアリングがいかに製品開発コラボレーションのハブとして機能しているか解説しています。レポートでは、効果的なコラボレーションのための適切なツールをエンジニアに支給することが不可欠だと指摘しています。レポート本文では、以下について詳しく解説しています。

>> エンジニアがコラボレーションのハブとしての役割を担うというトレンド

>> 従来型のコラボレーション プロセスに内在する障害の原因

>> コラボレーションの障害を緩和する新しいツール

>> 組織が新しいツールを評価する際に考慮すべき主要機能の概要

最新の設計ツールでは、すべての関係者が設計作業に確実に参加できます

ダウンロード

Get Started