リモートでつながるSOLIDWORKS:お客様事例

開発プロセスの短縮に寄与したのは、 とにかくクラウド上でつながる事だった!

複数の場所にオフィスがあるスタートアップ企業のSquare Robot社では、燃料貯蔵タンクの検査、修理を行う自律型専用ロボットをエンジニアが共同設計するために、コスト効率の高い方法を模索していました。

チームはまず、部品とアセンブリの開発、および図面作成をSOLIDWORKSで行った後、Google Drive経由でクラウドに保管するという流れで作業を始めました。大規模なデータセットについてはSOLIDWORKS Pack and Go機能を使いました。彼らがすぐに気づいた事は、CADに未対応で、バージョン管理機能がないツールでは問題があるということでした。

そこでSquare Robot社は、SOLIDWORKSのクラウドベースのデータ・製品ライフサイクル管理ツールを導入し、場所に関係なく共同設計ができるようにしたのです。

Square Robot社が実現されたポイントをご紹介しましょう。

>> SOLIDWORKSデータをクラウドに接続

>> 共同開発プロセスを短縮

>> リビジョン管理の改善によるエラーの減少

>> チームのコラボレーションと生産性が向上

オンラインでどこからでも関係者とつながることで、劇的な開発プロセスの削減を実現されているSquare Robot社の事例動画を是非ご覧ください。

リモートでつながるSOLIDWORKS:お客様事例

今すぐ見る

Get Started